【セミナー実績】「待ったなし!派遣労働を巡る雇用管理制度整備の実務」に安中が登壇しました

2016年に打ち出された「働き方改革」は労働基準法が1947年(昭和22年)に制定されて以来の大改革となります。その重要課題事項の一つとしてあげられているのが「非正規と正社員の格差是正」です。このセミナーでは、「派遣労働を巡る雇用管理制度整備の実務」と題し、その具体的な内容を2日間にわたり解説しました。

1日目は、2015年に改正された労働者派遣法にて新設された項目、「派遣労働の期間制限と無期雇用」、「労働契約申し込みみなし制度」、「雇用安定措置」などについて図や例をあげて解説しました。そのうえで、これからの派遣活用法と法改正を受けて行うべき取組について示しました。

2日目は、2013年に施行された改正労働契約法の新しいルール「無期労働契約への転換」「雇止め法理の法定化」の解説をしたうえで、不合理な労働条件を無くすための取り組みとして「同一労働同一賃金ガイドライン案」や「キャリアアップ支援措置の義務化」について働き方改革の課題とからめて解説しました。

多くの企業の人事・労務担当者様が現在のお仕事に役立てる為に参加してくださいました。本セミナーの講義内容が分かりやすく大変参考になった、とのお声を多くいただきました。大変にありがとうございました。

ドリサポではその他様々なセミナーを開催しております。→

https://dream-support.or.jp/seminar

ドリサポのセミナーに関するお問合せは、電話・HPのお問合せからお気軽に!