【社労士向けセミナー】1/25 同一同一最高裁5判例を受けて「こんな時どうすればいいの?」現場の悩みをズバリ水町先生に聞いてみよう!

ドリサポが主催する、社労士のためのコンサルティング勉強(SRCB)のお知らせです。※社労士限定のイベントです
―――
令和3年のSRCB 第1弾は、水町勇一郎先生(東大教授) x 安中繁(ドリサポ代表) 対談
 
~同一同一最高裁5判例を受けて~
「こんな時どうすればいいの?」現場の悩みをズバリ水町先生に聞いてみよう! です。
 
4月から中小企業におけるパートタイム・有期雇用労働法が適用されます。
同一労働同一賃金に関して、昨年から沢山の情報があふれています。
秋の最高裁判決を受け、対応に苦慮されている企業さまも多いようです。
 
同一労働同一賃金への対応は、企業にとって、人事制度上の課題解決から、更には経営課題の解決までを見据えた対応ができる、チャンスでもあります。
そして、それをお手伝いできるのは我々社労士に他なりません。
 
今回は、ドリサポ代表安中が、現場対応でうまれた声、疑問、モヤモヤを水町先生に直球で投げかけ、先生から他では聞けないここだけの答えを、引き出します。
 
ぜひこの機会をお見逃しなく、社労士として関与先へ価値をお届けし、ともに明るい未来に向けて気づきを共有してみませんか。
 
【概要】
①同一同一最高裁5判例を受けて先生の総括
②水町先生 x 安中繁 対談
※参加者の皆様にもご発言いただく参加型イベントを想定しております。先生のご希望もありますため、ビデオをオンにしてご参加ください。
 
【講師】
東京大学社会科学研究所教授
水町 勇一郎先生

【講師プロフィール】
東大法学部卒。同大法学部助手、東北大助教授などを経て現職。 専門は労働法。1999年からパリ第10大学客員教授、2002年からニューヨーク大学客員研究員も歴任。
政府の「働き方改革実現会議」の有識者議員、「規制改革会議・雇用ワーキンググループ」専門委員も務める。
著書に『「同一労働同一賃金」のすべて』(有斐閣)、『労働法 第8版』(同)など。
 
【日時】
2021年1月25日(月)14:00~16:30
 
【定員】
Zoom会議システムを利用したオンライン参加 100名 ※先着順です
 
【参加費】5,000円
※今回のSRCBは、メールでお申し込み後、指定口座へお振込みをしていただきます。
※お申し込み、お振込みは1月18日(月)までです。
※ご購入下さった方には1月21日(木)にZoom招待URLをお送りいたします。
 
【申込方法】
1.seminar@dream-support.or.jpへメールで申し込みください。
・ 件名に「125SRCB申込」を入れてください。
・本文に「お名前」「事務所名」を明記 ください。
 
2.お申込み受付メールを送信いたします。
振込先をご案内いたしますので、1月18日(月)までにお振込みください。
 
3.ご入金確認後、お申し込み確定メールを1週間以内に送信いたします。こちらのメールをもって、ご参加確定となります。
 
【お申し込みから開催までの流れ】
1 .メールでお申し込み後、指定口座へ事前にお振込みください
2.お支払い頂いた方に、お申込みされたメールアドレスへ、1月21日(木)にzoomの参加ID・事前資料等をお送りします。連絡可能なアドレスでのお申込みをお願いいたします。※限定グループの作成はいたしません。
 
【ご注意】
・社労士限定のイベントとなります。ご了承ください。
・当日は、ご自身のお名前のIDにてご参加ください。
・複数端末からは入れません。
・当日は、ビデオをオンにてご参加ください。
(参加型セミナーを予定しております。先生のご希望もありますためご協力をお願いいたします。)
・ご入金後のお申し込み確定メールを受信された時点で席確保となります。
・ご入金後のキャンセル・返金は原則お受けできません。
・開催後、録画のご提供は予定しておりません。