【登壇実績】小平市主催「こだいら創業塾」に安中が登壇しました。

「こだいら創業塾」とは、創業に興味のある方、目指している方、創業間もない方を対象としたセミナーで、現在5回にわたり開催しております。

弊社代表 安中は、2月18日第4回「人材育成」を担当しました。

前半は、労務管理の基礎となる事項を中心に、「社会保険・労働保険」「労働基準法に関すること」「労働安全衛生法に関すること」を具体事例をあげながら分かり易く解説しました。

後半は、経理上と実際のお金の動きや事務手続きなど実務のお話をしました。例えば、給与計算については実際に給与明細に記入するなどワーク形式をまじえ参加者の理解を深めました。

参加者のみなさまからは、「知らないことが多かったので、開業前に知れてよかった。」「思っていた以上にやらなければならない事が多いと感じた。」「経営者になった時に考えなければならない事が見えてきて、とても勉強になった。」など様々なご意見をいただきました。

ご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

【登壇実績】労政時報セミナー「行政指導から見る労務コンプライアンスのポイントと対策」と題し、安中が登壇しました。

2月15日、労政時報セミナー「行政指導から見る労務コンプライアンスのポイントと対策」と題し、安中が登壇しました。

長時間労働による過重労働の是正は世間的にも注目は高く、労働基準監督署による行政指導が強化され指導対象となる事業場も拡大しています。本講座では、そうした現況を説明し、実務上の対応策について解説しました。

初めに、「是正勧告を受けるデメリット」と「労基署臨検がなされた場合の対応方法フロー」を、様々なケーススタディを挙げながら確認しました。

次に、「3大監督項目」や「提出を求められる書類」などのお話をしながら、労基署の指導対象となる是正項目が自社に潜んでいないかをチェックしました。

最後に、重要度の高い監督項目である「労働時間」について、働き方改革や労働基準法改正の動向を交えて詳しく解説し、労務監査チェックリストをもとに社内労務監査実施をお勧めしました。

本講座には一部上場企業も含む多くの人事・総務担当者の方々にご参加いただきました。

参加者の方々からは、「知らないでは済まされない、重要なお話を聞けてとても為になった」「自社の労務管理のコンプライアンス総点検の良い機会になった」との声をいただきました。

ありがとうございました。

【登壇実績】「社会保険(厚生年金・健康保険)の適用と給付セミナー」に守屋が登壇しました

2月9日、立川法人会にて法人会会員様向けにセミナーを行いました。

前半は、平成28年10月に法改正され拡大された、「社会保険の適用範囲」について解説した後、「標準報酬月額の決定と改定の実務」や「保険料の納付と産休時の保険料免除ほか届出実務」など主に手続きに関するお話をしました。

後半は年金のお話で、「年金の種類と在職老齢年金のしくみ」「雇用保険と老齢年金の調整のしくみ」など総務担当者として知っておくべき基礎知識を図を使って分かり易く解説しました。

参加者の皆さまからは、「具体的で分かり易かった」「曖昧だった知識が確認できた」などの声をいただき、そのほか産休・育休に関する具体的な質問も飛び出しました。多くの方に受講いただき、誠にありがとうございました。

 

 

【登壇実績】大分県社会保険労務士会にお招ききただき、下田が講演しました。

テーマは「社会保険労務士を超えて~私の考える働き方改革と幸せな会社のあり方と社労士としての関わり方~」

「法律論を超えた働き方改革」について、下田が沖縄に移住した経緯なども含めてお話ししました。
「なんのために残業を減らすのか?」
「なんのために生産性を上げるのか?」
「残業を減らすのは手段であって目的ではない」
「法律に翻弄されて目的を見失わないように」
そんなお話をしました。

「働き方改革」と一口に言っても、仕事をする者にとって大切な事=目的の上に働き方改革があることを強調し、会社経営のあり方について語りました。